鳥取信用金庫 HOME > 個人のお客さま > 借りる > 住宅ローン > 全国保証住宅ローン

インターネットバンキング 個人ログイン インターネットバンキング 法人ログイン でんさいネット ログイン
とりしん店舗のご案内 採用情報
各種ローン・ネット申込
紛失・盗難に関するご連絡・ご相談窓口 金融円滑化相談窓口 金融犯罪にご注意ください 預金保険機構 振り込め詐欺救済法ページ マネロン・テロ資金供与対策ページ

借りる

全国保証住宅ローン

借換にもご利用いただけます。

特別金利は下記10項目のうち5項目以上ご契約中のお客様を対象とします。
①給振または年金(年金は同居の家族取引可)
②カードローン
③中国しんきんカード
④定期積金(同居の家族取引可。契約額30万円以上)
⑤公共料金2項目以上
⑥職域サポート契約先従業員
⑦定期預金(同居の家族取引可。預入額50万円以上)
⑧個人ローン
⑨生命保険料または損害保険料の引落し
⑩出資金

*金利は毎月見直しますが、金利情勢などに大幅な変化があった場合は、月中でも見直すことがあります。
 ご融資利率は、住宅ローンの申込を正式に受付けた時の利率とします。
 なお、受付時とご融資時の金利が異なる場合は低いほうの金利を適用します。

固定金利期間終了後にも、金利引き下げ

当初固定金利を選択されたお客様が、選択期間終了後に再度固定金利を選択される場合、その時点での当金庫とのお取引内容や住宅の仕様により、再選択時の店頭表示金利からABあわせて最大年0.9%引き下げします。(詳細な条件や確認方法につきましては、お問い合わせください。)

金利引き下げの条件
A.当金庫とのお取引内容による引き下げは最大で 0.9%です。
給与振込
△0.6%
年金振込(ご家族でも可)
△0.2%
公共料金の口座振替(1件につき)
△0.1%
職域サポート契約先にお勤めの方
△0.3%
B.住宅の仕様による引き下げは最大 0.2%です。
  電化住宅、石州瓦使用、鳥取県産材使用、ガス化住宅、住宅瑕疵担保責任保険付住宅
  各△0.1%

万一にそなえて

  • 死亡・高度障害となった場合に保障する団体信用生命保険料は、とりしんが負担します。
  • がん、急性心筋梗塞、脳卒中(三大疾病)と診断された場合の保障特約を希望により付加できます。ただし、がん保障特約付団体生命保険の場合は0.2%、三大疾病特約付団体信用生命保険(就業不能保障付)の場合は、融資利率に0.3%上乗せとなります。

商品概要

平成29年3月1日現在

商品名 住まいるいちばんネクストV
ご利用いただける方
  • ご融資時の年齢が満20歳以上完済時の年令が満80歳未満(加入する団信の種類により異なります。)の方
  • 同一勤務先に1年以上勤務、又は同一事業を通年決算2期以上営業している方
  • 安定的かつ継続的な収入のある方で、前年年収が100万円以上の方
  • 年金受給者の方
  • 保証会社の保証が得られる方
  • 当金庫の指定する団体信用生命保険に加入できる方
  • 当金庫の会員となれる方
資金のお使いみち
  • 住宅の購入資金(土地のみの購入も可、ただし一定条件あり)、新築・建て替え・増改築・リフォーム資金、中古住宅の購入資金、住宅ローン借換資金(他行、住宅金融支援機構等)
  • 上記にかかる諸費用資金(保証料・火災保険料・登記費用等)
ご融資金額 100万円以上10,000万円以内(1万円単位)
ご融資期間 35年間以内
ご融資利率
  • 新規ご融資時に、固定・変動金利選択型または変動金利型をご選択していただきます。
固定・変動金利選択型は3年、5年、10年の3種類。固定金利期間中は金利の変更を行いません。また、固定金利期間中途での選択期間変更はできません。固定金利期間終了時に、再度固定金利または変動金利のいずれかをご選択いただきます。この場合選択時の基準金利が適用になります。なお、当初変動金利型を選択または固定金利期間終了後に変動金利型を選択した場合は、その後の固定金利型への変更はできません。
変動金利型は、当金庫の短期プライムレートを基準金利とし、毎年3月1日・9月1日に金利の見直しを行い、5月・11月の約定返済日の翌日から適用します。
返済方法
  • 元利均等毎月返済または元金均等毎月返済とし、ボーナス月増額返済の併用もできます。ただし、ボーナス返済部分の元金は、ご融資額の50%以内とします
  • 元利均等毎月返済で変動金利の場合、返済額の見直しは5年毎に行います。(5年の間に金利が変更されても返済額のうち、元金と利息の割合だけを変更します。)従って借入金利ならびに返済額は借入全期間にわたって必ずしも一定であるとは限りません。5年目の金利変更時には返済額を再計算しますが、返済額が増える場合でも、返済額は前回までの返済額の125%を限度とします。これらにより、繰延した元金や利息の返済が最終回返済日に加算される場合があります
担保・保証人
  • 全国保証(株)の保証をご利用いただきますので、原則として保証人は不要です。ただし、所得合算者は連帯保証人又は連帯債務者、担保提供者は物上保証人になっていただきます。
  • ご融資対象物件(土地と建物)に第一順位で抵当権を設定させていただきます。
保証料 保証料は雇用形態、返済比率、担保余力等により5コース(A・B・C・D・E)に分かれ、融資金額と融資期間に応じた金額をご融資時一括または毎月分割にてお支払いいただきます。

(例)(融資金額100万円の場合のBコース一括払いの保証料

期 間 15年 20年 25年 30年 35年
通常保証料 8,970円 11,369円 13,527円 15,437円 17,102円
超過保証料 33,641円 42,635円 50,729円 57,892円 64,134円

※通常保証料:担保評価額の100%までの融資金額に対する保証料
※超過保証料:担保評価額を超過する融資金額(諸費用部分)に対する保証料

  • 分割支払いの場合は、Aコース・0.08%、Bコース・0.15%、Cコース・0.20%、Dコース・0.30%、Eコース・0.40%(各年率)を表示金利と合わせて毎月お支払いいただきます。
手数料
事務手数料1件につき
54,000円(消費税込)… 全国保証手数料として
不動産担保取扱手数
32,400円(消費税込)
固定変動金利選択手数
5,400円(消費税込)
固定変動金利選択手数料は、新規ご融資時を除き、以降の固定金利を選択する場合に必要です。
繰上返済時や条件変更時には別途、当金庫所定の手数料がかかります。
団体信用生命保険等 当金庫の指定する団体信用生命保険にご加入いただきます。保険料は当金庫が負担いたします。ただし、がん保障特約付団信は融資利率に0.2%、三大疾病保障特約付団信(就業不能保障付)を希望される場合は、ご融資利率に0.3%上乗せとなります。
借換の諸条件
  • 既にとりしんでご利用になっている住宅ローン(当金庫でご利用の住宅金融支援機構、またはリフォーム資金を同時に申込む場合を除く)の借換にはご利用いただけません。
  • 現在ご利用の住宅ローンを返済されて1年以上の方が対象となります。
苦情処理措置 本商品に関する苦情等は、当金庫営業日に、お取引の店舗もしくは本部お客様相談窓口(9時~17時、電話:0120-260-262)までお申し出ください。
紛争解決措置 東京弁護士会(電話:03-3581-0031)、第一東京弁護士会(電話:03-3595-8588)、第二東京弁護士会(電話:03-3581-2249)の仲裁センター等で紛争の解決を図ることも可能ですので、利用を希望されるお客様は、当金庫営業日に、上記お客様相談窓口もしくは全国しんきん相談所(9時~17時、電話:03-3517-5825)までお申し出ください。また、お客様から、上記東京の弁護士会(東京三弁護士会)に直接お申し出いただくことも可能です。
なお、東京三弁護士会は、東京都以外の各地のお客様にもご利用いただけます。その際には、お客様のアクセスに便利な地域の弁護士会において、東京の弁護士会とテレビ会議システム等を用いて共同で紛争の解決を図る方法(現地調停)もあります。詳しくは、東京三弁護士会、当金庫お客様相談窓口もしくは全国しんきん相談所にお問合せください。
その他
  • 詳しい条件、手数料、金利、返済額の試算等につきましては、本支店までお問い合せください。
  • 審査の結果、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 店頭に説明書をご用意しています。

▲ PAGE TOP